代表あいさつ

たけのこ塾代表 大久保 敦史

 はじめまして。

 私は「たけのこ塾」代表大久保 敦史と申します。

 たけのこ塾サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 このページでは私の経歴について、大まかに紹介させていただきたいと思います。

 特に、塾講師として雇われていた頃に感じていた違和感、さらに自宅で個人塾を運営して行く中で気付いたことを中心に、私の思いや志をお伝えできたらと考えております。

 最後までご覧いただけましたら、幸いです。

 
 
(↑ぜひ、こちらの動画もご覧下さい。)

塾講師時代に感じた違和感

 以前、私はいくつかの学習塾に勤務したことがありました。

 その塾講師時代、いくつかの違和感を感じていました。

 一斉指導で、多い時には30人近くの生徒さんに教えていました。

 しかし、一人一人の学力や性格や状況に合わせた教育サービスが提供できませんでした。

 学習塾では成績をもとにクラス分けを行ってはいましたが、つまづいている箇所や得意不得意、性格は一人一人違います。

 学校の授業で分からないから塾に来ているのに、結局、学校と同様、塾でも分からないままという生徒さんが多かったように思います。

 特に成績が中位から下位の生徒さんのクラスにおいて、その傾向が顕著でした。

 また個別指導の学習塾に勤務した経験もあります。

 一般的に個別指導というと、一人一人に合わせて指導しているという印象があると思います。

 確かに指導者1人に対して生徒1~2人という指導形態が多いので、人数的にはきめ細かい指導ができると思われるでしょう。

 しかし、実際に指導しているのは大学生のアルバイトが大半です。

 ですので、熱意や教えるスキルのバラツキが大きく、生徒さんのニーズに応えているとは言い難い状況でした。

 夏休みや定期テスト前には、学校の宿題や課題を塾に持って来て自習をする生徒さんも多くいました。

 しかしその様子を見ていると、分からない問題が多いようでした。

 一通り解き終わると、答え合わせをしてたくさんのバツをつけて、赤ペンで解答を書き写すだけの作業をしているということも多々ありました。

 そのような状況の中、学習塾で生徒さん一人一人のニーズに応える方法を考えることで、日々頭の中がいっぱいになっていました。

150415472505_tp_v


自宅で塾を始める

 自分なりに頑張ってはみたものの、自分の思い描くような教育サービスを提供することができませんでした。

 そして、塾業界で働くことに限界を感じ、転職しようと別の仕事を考えていました。

 そんなとき、とあることがきっかけで、自宅の一室で知り合いの中学生の子どもさん数人に勉強を教えることになりました。

 それからは、私の自宅に勉強するために足を運んできてくれる生徒さんのために、何とか理解してもらい、少しでも成績が上がるよう必死で取り組みました。

 勉強法や学習法の書いてある本を何冊も読みまくりました。

 良さそうな教材や参考書があれば片っ端から買い漁り研究しました。

 自作の問題プリントを徹夜で作成しました。

 他にも、様々なことに試行錯誤しました。

 その結果、生徒への勉強の取り組ませ方、理解してもらえる教え方、成績をアップさせる方法などのノウハウを蓄積することができました。

 さらに口コミを通じて、多くの生徒さんに通塾してもらうことができました。

先生と元気いっぱいの子どもたち


中学生の勉強に役立つ情報発信

 今まで培ったノウハウを、今まで教えてきた生徒さんたちと同じような状況にある中学生たちに提供し、ぜひ役立てて欲しい。

 その思いから、サイト内のブログ記事YouTubeで無料の授業動画を通して、中学生の勉強に役立つ情報発信を行うことを思い立ちました。

 少しずつですが、サイト内のブログ記事やYouTubeでの授業動画を増やしていく予定です。

 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

                        たけのこ塾代表

たけのこ塾看板

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする