中2歴史「江戸時代」元禄文化と化政文化の覚え方

 中学社会の歴史で学習する「江戸時代

 江戸時代の文化として、元禄文化」「化政文化の2つを学習します。

 今回この2つの文化について、ゴロ合わせによる覚え方を中心に、詳しく説明していきたいと思います。

◎この記事でお教えする内容は、以下の通りです。

禄文化を覚えよう!

化政文化を覚えよう!

江戸時代の学問も押さえておこう!

元禄文化と化政文化の違いの覚え方

①元禄文化を覚えよう!

 ではさっそく、元禄文化について詳しく見ていきましょう!

(1)元禄文化の特徴

 元禄文化とは、17世紀末から18世紀初めの頃に

 上方の町人が担い手である、華やかで活気ある文化

 のことです。

 ちなみに、上方とは京都大阪のことです。

 江戸時代、天皇が住む京都を『上』としていたことから、このように呼ばれていました。

桜が咲いている京都の街並み

幸せの豆乳さんによる写真ACからの写真

 京都や大阪など上方では、都市の繁栄により町人たちが経済力をもち、新しい文化の担い手となっていきました。

(2)元禄文化における文学

 元禄文化の文学分野における、代表的な人物は3人います

 別名『元禄三人男』とも呼ばれる、その3人とは、

 ①近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)

 ②井原西鶴(いはらさいかく)

 ③松尾芭蕉(まつおばしょう)

 です!

 近松門左衛門人形浄瑠璃』の脚本を書いた人物です。

 井原西鶴は、町人の生活を描いた『浮世草子(うきよぞうし)』と呼ばれる、今でいう小を書いた人物です。

 松尾芭蕉は、『俳諧(俳句)』を芸術にまで高めた人物として有名ですね。

松尾芭蕉のイラスト

 この3人を覚えるゴロ合わせがコチラです!

玄関に近い松

 ゴロ合わせの内訳はそれぞれ、

 玄→ 元禄文化

 近→ 近松門左衛門

 い→ 井原西鶴

 松→ 松尾芭蕉

 を表しています。

※YouTubeに「元禄文化・よく出る人物」のゴロ合わせ動画をアップしていますので、↓のリンクからご覧下さい!

【動画】中学社会ゴロ合わせ「元禄文化 よく出る人物」

(3)元禄文化における絵画

 つづいて、絵画についても見ておきましょう!

 元禄文化の絵画分野における、覚えておくべき人物は2人います

 その2人とはそれぞれ、

 ①尾形光琳(おがたこうりん)

 ②菱川師宣(ひしかわもろのぶ)

 です!

 尾形光琳は、大和絵風の華やかな『装飾画』を大成しました。

 代表的な作品に紅白梅図屏風』『燕子花図屏風などがあります。

 一方の菱川師宣は、新しい絵画様式として『浮世絵』を大成した人物です。

 代表的な作品に見返り美人があります。

見返り美人の白黒イラスト

 この2人と作品のジャンルを覚えるゴロ合わせがコチラです!

げっ、大型そう…

 必死に浮く!

 海で泳いでいたら大型の波がきて、おぼれないように必死で浮こうとしているところをイメージしてもらうとよいと思います。

大型の波のイラスト

 ゴロ合わせの内訳はそれぞれ、

 げ→ 元禄文化

 大型→ 尾形光琳 そう→ 装飾画

 必死→ 菱川師宣 浮く→ 浮世絵

 ここまで元禄文化について解説してきました。

 特に、文学の分野で活躍した『近松門左衛門』『井原西鶴』『松尾芭蕉』はよく出題されるので、しっかり覚えておきましょう!


②化政文化を覚えよう!

 ここからは化政文化について、詳しく解説していきますね! 

(1)化政文化の特徴

 化政文化とは、19世紀初めの頃に

 江戸を中心に栄えた、町人が担い手である、落ち着いて洗練された文化

 のことです。

 元禄文化の頃は上方が文化の中心でしたが、この頃には江戸に文化の中心が移っていました。

(2)化政文化における文学

 化政文化の文学分野における、押さえておくべき人物は2人います

 その2人とは、

 ①十返舎一九(じっぺんしゃいっく)

 ②滝沢馬琴(たきざわばきん)

 です!

 十返舎一九『こっけい本』を書いた人物で、代表的な作品として『東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)』があります。

 滝沢馬琴は、『読本(よみほん)』を書いた人物で、代表的な作品として『南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)』があります。

 ↑の代表的な作品の内容が気になる人は、解説しているページのリンクを貼っておきますのでよかったらご覧下さい。

 ⇒東海道中膝栗毛』『南総里見八犬伝

楽しそうに勉強する子どもたち

 この2人の人物名と代表作を覚えるゴロ合わせがコチラです!

柔道の棚

 ゴロ合わせの内訳はそれぞれ、

 じ→ 十返舎一九、道→ 東海道中膝栗毛

 た→ 滝沢馬琴、な→ 南総里見八犬伝

 を表しています。

※YouTubeに「化政文化・よく出る人物」のゴロ合わせ動画をアップしていますので、↓のリンクからご覧下さい!

【動画】中学社会ゴロ合わせ「化政文化 よく出る人物②」

(3)化政文化における絵画

 つづいて、絵画についても見ておきましょう!

 化政文化の絵画分野における、覚えておくべき人物は2人います

 その2人とはそれぞれ、

 ①葛飾北斎(かつしかほくさい)

 ②安藤広重(あんどうひろしげ)

 です!

 葛飾北斎は、江戸時代後期の浮世絵師で、様々な場所から見える富士山を描いた『富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)』が代表作です。

 安藤広重歌川広重ともよばれており、江戸時代後期の浮世絵師で、東海道の53の宿場の風景を描いた『東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)』が代表作です。

東海道五十三次のイラスト

 この2人の人物名と代表作を覚えるゴロ合わせがコチラです!

カップのアート

 ゴロ合わせの内訳はそれぞれ、

 カ→ 葛飾北斎、プ→ 富嶽三十六景

 ア→ 安藤広重、ト→ 東海道五十三次

 を表しています。

※YouTubeに「化政文化・よく出る人物」のゴロ合わせ動画をアップしていますので、↓のリンクからご覧下さい!

【動画】中学社会ゴロ合わせ「化政文化 よく出る人物①」


③江戸時代の学問も押さえておこう!

 ここからは江戸時代に発展した学問について、解説していきたいと思います。

(1)国学のポイント

 まずは国学』について説明していきますね。

 国学とは

『万葉集や源氏物語などの日本の古典を研究することで、日本古来の精神を明らかにしようとする学問』

 のことです。

 国学を大成した人物は、本居宣長(もとおりのりなが)です。

 宣長は古事記」を研究して、『古事記伝』という書物を著わしました。

(2)蘭学のポイント

 つづいて蘭学』について説明していきますね。

 蘭学とは

『オランダ語でヨーロッパの近代的な学問や技術を学ぶ学問』

 のことです。

 当時の日本は、オランダと交易をしていたことで、オランダ語の書物を通してヨーロッパの文化を知ることができたのです。

 蘭学者として代表的な人物は、杉田玄白(すぎたげんぱく)です。

 玄白はヨーロッパの医学書を翻訳して、解体新書』を出版しました。

 さらに蘭学者ではありませんが、伊能忠敬という人物はヨーロッパの測量技術を使って、17年にわたり全国の沿岸を測量し、正確な日本地図を作成しました。

伊能忠敬のイラスト

(3)寺子屋と藩校とは?

 寺子屋藩校はともに江戸時代の教育施設ですが、学んでいた生徒学ぶ内容に大きな違いがあります。

 寺子屋では、農民や町人の子どもが、読み・書き・そろばん」といった、仕事上で必要となる実用的な知識を学んでいました。

 一方、諸藩が人材を育成する目的で設立した藩校では、武士の子弟が「儒学」など政治をするうえで必要な学問を学んでいました。


④元禄文化・化政文化の違い 覚え方

 では最後に、元禄文化と化政文化の違いを覚えるゴロ合わせを紹介しますね。

 元禄文化は『17世紀末~18世紀初めに、上方を中心に栄えた文化』でした。

 一方、化政文化は『19世紀初めに、江戸を中心に栄えた文化』でした。

 これらの内容を覚えるゴロ合わせが

 ロックの神様

 稼ぎはええど!

 ロックの神様と呼ばれるアーティストが、「稼ぎ(収入)がええど(いいぞ)!」と自慢しているところをイメージして下さい。

ロックの神様がギターを演奏しているイラスト

 ゴロ合わせの内訳はそれぞれ、

 ロック→ 元禄、神→ 上方

 稼→ 化政、ええど→ 江戸

※YouTubeに「元禄文化と化政文化のちがい」についてのゴロ合わせ動画をアップしていますので、↓のリンクからご覧下さい!

【動画】中学社会ゴロ合わせ「元禄・化政文化のちがい」


記事のまとめ

 以上、中2歴史で学習する「元禄文化と化政文化」について、その覚え方を詳しく紹介してきました。

 いかがだったでしょうか?
 
 
◎今回の記事のポイントをまとめると…
 
元禄文化の覚え方
(1)文学分野の人物の覚え方
 →「玄関に近い松
  
化政文化の覚え方
(1)文学分野の人物の覚え方→「柔道の棚
 
(2)絵画分野の人物の覚え方→「カップのアート
 
元禄文化と化政文化の違いの覚え方
 →「ロックの神様、稼ぎはええど!

 

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒、よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします!