英語一覧

中2英語「文型」第5文型は”3つのポイント”で理解できる

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語で学習する「第5文型」について詳しく解説しています。第5文型は「主語+動詞+目的語+補語」の文の形で表されます。5文型の動詞である、call・name・make・keep・findについて、例文をもとに詳しく解説してますので、ぜひご覧下さい。

中2英語「文型」第4文型を1からていねいに解説します

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語で学習する「第4文型」について詳しく解説しています。第4文型は「主語+動詞+目的語+目的語」の文の形で表されます。give・show・teach・make・buyなど第4文型の動詞について、さらに第4文型を第3文型に書きかえる方法についても詳しく解説してます。ぜひご覧下さい。

中2英語「文型」第2文型はこれを読めば完璧!

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語で学習する「文型」の中でも「第2文型」について詳しく解説しています。第2文型は「主語+動詞+補語」の文の形で表されます。lookやbecomeなど、中2で学習する第2文型の動詞を中心に説明しています。例文をたくさん使い分かりやすい解説を心がけていますので、ぜひこの記事をご覧下さい。

中3英語「現在完了」イメージを使って理解しよう!

英語が苦手な中学生を対象に、中3で学習する「現在完了のイメージ」について詳しく解説しています。現在完了は日本語に無い時制なので、私たちにとってとっつきにくい表現ですが、この記事では、現在完了のイメージがつかむことができるよう解説を心がけました。現在完了に苦手意識を持っている中学生は、ぜひご覧下さい!

中2英語「文型」これを読めば第1~5文型が一通り理解できる!

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語で学習する「文型」について詳しく解説しています。はじめに、中1の段階で学習している「第1~3文型」について説明した後、中2で学習する「第4・5文型」についても、例文をまじえながら分かりやすく説明しています。文型は英語の理解に不可欠な単元ですので、ぜひご覧下さい!

中3英語「受け身の文」第4・5文型の受け身をやさしく解説

英語が苦手な中学生を対象に、中3で学習する「第4・5文型の受け身」について詳しく解説しています。最初に中2で学習した第4文型と第5文型について復習できるよう、詳しく解説しています。その後、第4・5文型の受け身のつくり方について詳しく説明しています。さらに練習問題も用意していますので、ぜひご覧下さい!

中2英語「過去進行形」これを読めば基本はバッチリ!

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語で学習する「過去進行形」について詳しく解説しています。最初に、中1で学習した「現在進行形」のおさらいを行っています。さらに、過去進行形のつくり方と過去進行形の否定文・疑問文のつくり方について、例文を用いて丁寧に説明しています。練習問題もたくさん用意していますので、ぜひご覧下さい!

中3英語「受け身の文」基本はこれだけ!3つのポイント

英語が苦手な中学生を対象に、中3英語で学習する「受け身の文の基本」について詳しく解説しています。受け身の文は「~される」という意味で、「be動詞+過去分詞」で表されます。英文を受け身の文になおす方法や、受け身の文の否定文・疑問文のつくり方について詳しく説明しています。さらに練習問題も用意していますので、ぜひご覧下さい!

中2英語「be動詞・過去形」これさえ読めば完璧!

英語が苦手な中学生を対象に、中2英語のはじめに学習する「be動詞の過去形」について詳しく解説しています。最初に、中1で学習した「be動詞」のおさらいを行っています。さらに、be動詞の過去形のwasとwereの使い方について、例文を用いて丁寧に説明しています。練習問題もたくさん用意していますので、ぜひご覧下さい!

中1英語「be動詞」2つの意味があるって知ってる?

英語が苦手な中学生を対象に、中1英語で学習する「be動詞の2つの意味」について詳しく説明しています。まずbe動詞には「イコール」の意味があること、さらにbe動詞の後に「場所を表す表現」がつづくときは、「いる」「ある」など「存在する」という意味があることを詳しく解説しています。練習問題もありますので、ぜひご覧下さい!