中2英語「文型」第2文型はこれを読めば完璧!

 Englishと書いてある黒板

 以前アップした「これを読めば第1~5文型が一通り理解できる!」という記事で、第1~5文型について解説しました。

 その中でも、今回は第2文型」についての詳しい解説記事をアップしました。

・この記事でお伝えするポイントは、以下の通りです。

「第2文型」とはどんな文?

「第2文型」の動詞”look”

「第2文型」の動詞”become”

④  その他の「第2文型」の動詞

※サムネイルはphotoBさんによる写真ACからの写真

先生と元気いっぱいの子どもたち

①「第2文型」とはどんな文?

 はじめに「第2文型」について、簡単に説明しておきますね。

 ↓の例文をご覧下さい。

(例)

・I am happy.

(私は幸せです)

 この例文は、主語”I”“happy”イコールの関係であることを、be動詞”am”が表しています。

 このように、動詞によって「主語」と「動詞の後に続く語」がイコールの関係であることを表される文の形を「第2文型といいます。

 さらに、主語とイコールの関係になる語のことを

 「補語」

 といいます。

先生のイラスト

 「第2文型」

「主語+動詞+補語」

 と表すことができます。

 また、それぞれの文の成分を↓の記号で表すこともあります。

・主語 →

・動詞 →

・補語 →

 これらの記号を使って、第2文型を次のように表すこともできます。

 S V C

 第2文型の基本は理解できましたか?

 ここからは、be動詞以外の「第2文型の動詞」について詳しく解説していきたいと思います。

楽しそうに勉強して手を挙げている男の子と女の子


②「第2文型」の動詞”look”

 動詞”look”は、”look at~”という形で「~を見る」という意味になります。

 (例) I look at the bird.

  (私はその鳥を見ます)

 ↑の意味以外にも、“look”は第2文型の動詞としてのはたらきも持っています。

 第2文型の”lookは、

 「~のように見える」

 という意味になります。

 ↓の例文をもとに詳しく説明していきますね。

(例)

 You look happy.

(あなたは幸せそうに見えます)

 例文では、動詞”look“によって、主語”you”補語”happy”イコールの関係であることが表されていますね。

机に向かって、勉強に取り組む男の子

 第2文型の”look”の文で注意が必要なことが1つあります。

 それは、lookの後に「名詞」を置くときは、「前置詞」”like”を使う必要があります。

 ↓の例文で確認しましょう。

(例)

 He looks like a doctor.

 (彼は医者のように見えます)

 a doctor(医者)“は名詞なので、その前に前置詞”like“を置いています。

 ここで使う“like”は「~を好き」という動詞ではなく、”to”や”on”などと同じ前置詞ですので注意しましょう。

 ちなみに前置詞」とは名詞の前に置く語のことなので、合わせて覚えておきましょう!

机に向かって、勉強に取り組んでいる女の子

 ↓に「第2文型のlook」の練習問題が載っている画像を用意していますので、チャレンジしてみましょう!

第2文型のlookの練習問題が載っている画像

 答えの画像は↓です。

第2文型のlookの練習問題の解答が載っている画像

 どうでしたか?きちんと解くことができましたか?

 できなかった問題は、しっかり理解しておきましょうね!

※下のYouTubeにアップした動画でも、「第2文型のlook」について詳しく解説しておりますので、ぜひご覧下さい!
 
 

③「第2文型」の動詞”become”

 ”look”につづいて、「第2文型」の動詞である”becomeについて説明していきたいと思います。

 become“は「~になる」という意味の動詞です。

 ↓の例文を使って説明したいと思います。

(例)

 I became happy.

 (私は幸せになりました)

 ↑の例文では“becom”の過去形became“を使っていますが、動詞”became”により、主語”I“と補語”happy“がイコールの関係であることを表しています。

勉強を一生懸命している男の子のイラスト

 ”look”と異なり、“become”は名詞もそのまま続けて置くことができます。

(例)

 She became a teacher.

 (彼女は先生になりました)

 ↑の例文では動詞”became”により、主語”she“と補語”a teacher“がイコールの関係であることを表していますね。

 ここまで、第2文型の動詞として”look”と”become”について、詳しく解説しました。

 この次は、これら以外の第2文型の動詞について紹介していきたいと思います。

勉強を一生懸命やっている女の子のイラスト


④その他の「第2文型」の動詞

 では最後に、“look”と”become”以外の第2文型の動詞を紹介したいと思います。

feel(~と感じる)

(例)

・I feel happy.

(私は幸せだと感じます)

 ↑の例文では、動詞”feel“によって、主語”I“と補語”happy“がイコールの関係であることを表しています。

楽しそうに勉強する子どもたち

get(~になる)

(例)

・He got angry.

 (彼は怒った)

 ↑の例文では、動詞”get“の過去形”got”により、主語”he“と補語”angry“がイコールの関係であることを表しています。

 ここでは、”feel”と”sound”について説明しましたが、第2文型の動詞は他にもたくさんあります。

・sound「~のように聞こえる」

・turn「~に変わる・なる」

・grow「~になる(成長する)」

 などなど…

 今後も第2文型の動詞が出てきたら、その都度少しずつ覚えていきましょう!

勉強を頑張る子どもたちに囲まれた先生のイラスト


記事のまとめ

 以上、中2英語で学習する「第2文型」について詳しく見てきました。

 いかがだったでしょうか?

◎最後にもう1度、記事の中でのポイントをまとめてておくと…

(1)第2文型とは

 →「主語+動詞+補語」(SVO)

(2)第2文型の動詞

 ① look~のように見える

 (※後に名詞が続くときはlikeを使う)

 ② become~になる

 ③ feel~と感じる

 ④ get~になる

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 今後もたけのこ塾を、何卒よろしくお願いします。

先生と元気いっぱいの子どもたち

「文型」の関連記事

これを読めば第1~5文型が一通り理解できる!

第2文型はこれを読めば完璧!

第4文型を1からていねいに解説します

第5文型は”3つのポイント”で理解できる