中1数学「正の数・負の数」マイナス×マイナス=プラスになる理由

⑤イメージを使った説明

プラス×プラス=プラス、マイナス×プラス=マイナス、プラス×マイナス=マイナス、マイナス×マイナス=プラスを説明した表

 上の表を使って、「マイナス×マイナス=プラス」になる理由を説明していきます。

 まず、勝つことはプラスなことなので+、負けることはマイナスなことなので-とします。

 同様に、自分のチームのことは+、敵チームのことは-とします。

 団体で行うスポーツをイメージして下さい。

 自分のチーム(+)が勝つこと(+)は、いいことなので+。

 つまりプラス×プラス=プラス

 自分のチーム(+)が負けること(-)は、よくないことなので-。

 つまりプラス×マイナス=マイナス

 敵チーム(-)が勝つこと(+)は、自分チームにとってはよくないことなので-。

 つまりマイナス×プラス=マイナス

 敵チーム(-)が負けること(-)は、自分チームにとってはいいことなので+。

 つまりマイナス×マイナス=プラス」

※下のYouTubeにアップした動画でも、「マイナス×マイナス=プラスになる理由」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧ください!

 

記事のまとめ

 以上、中学生にむけて、「マイナス×マイナス=プラスになる理由」を詳しく説明してきました。
 いかがだったでしょうか?
 
◎今回の記事のポイントをまとめると…
 
・「速さ・時間・道のり」を使って、「負×負=正」を説明する
 
かけ算の意味を考えて、「負×負=正」を説明する
 
かける数を小さくしていくことを通して、「負×負=正」を説明する
 
分配法則を使って、「負×負=正」を説明する
 
イメージを使って、「負×負=正」を説明する
 
 
 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。 

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒、よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします。

先生と元気いっぱいの子どもたち

「正の数・負の数」の関連記事

マイナス×マイナス=プラスになる理由

指数とは何か?

数全体・整数・自然数の集合

分配法則とは何か?