中1理科「種子植物の分類」 ゴロ合わせによる覚え方、教えます!

双子葉類の写真
 中学1年の理科で学習する「植物の分類

 今回はゴロ合わせによる覚え方を中心に、詳しく説明していきたいと思います。

◎この記事でお教えする内容は、以下の通りです。

双子葉類と単子葉類の覚え方

種子植物の分類の覚え方

 (1)裸子植物の覚え方

 (2)単子葉類の覚え方

 (3)離弁花類の覚え方

 (4)合弁花類の覚え方

 

 この記事は、たけのこ塾が中学生に向けて、TwitterやInstagramに投稿した内容をもとに作成しています。

 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。

先生と元気いっぱいの子どもたち

①双子葉類と単子葉類の覚え方

 最初は、双子葉類と単子葉類の特徴の違いについての説明です。

 下の写真に、それぞれの根・茎・葉の特徴の違いをまとめています。

 まずは目を通してみて下さい。

双子葉類と単子葉類の特徴の違いについてまとめた表

 双子葉類の特徴は、

 ①根は主根と側根

 ②茎は維管束が輪状に並んでいる

 ③葉は葉脈が網状脈

 一方、単子葉類の特徴

 ①根はひげ根

 ②茎は維管束が散らばっている

 ③葉は葉脈が平行脈

楽しそうに勉強する子どもたち

 では次に、双子葉類と単子葉類の特徴の違いを覚えるためのゴロ合わせを紹介します。

 下の写真をご覧下さい。

単子葉類と双子葉類の特徴の違いを覚えるゴロ合わせ

そうじで主婦はもう大変!

 だんながヒゲの散髪へ

 上の「そうじで主婦はもう大変!」は双子葉類の特徴を表しています。

そう→双子葉類

・主→主根(根)

・は(わ)→輪状(茎)

・もう→網状脈(葉)

 そして、下の「だんながヒゲの散髪へ」は単子葉類の特徴を表しています。

・だん→単子葉

・ヒゲ→ひげ根(根)

・散→散らばっている(茎)

・へ→平行脈(葉)

 主婦が掃除で大変そうにしているのに、旦那はそそくさと散髪に出かけているところをイメージしながら覚えてみて下さいね。

掃除で大変そうにしている主婦

 双子葉類と単子葉類の違いを覚えることが苦手な中学生は、たいへん多いです。

 このゴロ合わせを活用して、しっかり覚えましょう!

※下のYouTubeにアップした動画でも、「双子葉類と単子葉類の違いを覚えるゴロ合わせ」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

②種子植物の分類の覚え方

 まずはじめに、種子植物の分類について説明したいと思います。

 下の写真は、種子植物の分類についての問題です。

 まず1度、チャレンジしてみましょう!

種子植物の分類についての問題の画像

 解答は下の写真の通りです。

 確認して、できなかった問題はしっかり復習しましょう!

種子植物の分類についての問題の解答画像

 まず種子植物は、胚珠が子房に包まれているかどうかで分類されます。

 胚珠が子房に包まれているのが「被子植物」

 胚珠がむき出しなのが「裸子植物」

 被子植物も、子葉が1枚か2枚かで分類することができます。

 子葉が1枚なのが「単子葉類」

 子葉が2枚なのが「双子葉類」

 さらに双子葉類も、花弁がくっついているのか離れているのかで分類されます。

 花弁がくっついているのが「合弁花類」

 花弁が離れているのが「離弁花類」

楽しそうに勉強して手を挙げている男の子と女の子

 では次に、裸子植物、単子葉類、合弁花類、離弁花類、それぞれの代表的な植物名を覚えるゴロ合わせを紹介していきましょう。

(1)裸子植物の覚え方 

 代表的な裸子植物に、次のようなものがあります。

 ①ソテツ

 ②マツ

 ③イチョウ

 ④スギ

 これらの裸子植物の名前を覚えるためのゴロ合わせは、

粗末(そまつ)なイスらしい

粗(ソ)→ソテツ

・末(マツ)→マツ

・イ→イチョウ

・ス→スギ

・らし→裸子植物

 イスをもらえるんだけど、どうやらボロくて粗末なイスらしくてがっかりしている人をイメージするといいでしょう!

粗末なイスのイラスト

※下のYouTubeにアップした動画でも、「裸子植物を覚えるゴロ合わせ」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

(2)単子葉類の覚え方

 代表的な単子葉類に、次のようなものがあります。

 ①イネ

 ②ツユクサ

 ③ユリ

 ④チューリップ

 これらの双子葉類の名前を覚えるためのゴロ合わせは、

男子はいつもユーチューブ

男子→単子葉類

・い→イネ

・つ→ツユクサ

・ユ→ユリ

・チュー→チューリップ

 さらに、「いつも」の部分を「いつゅも」と赤ちゃん語で覚えると、「ツユクサ」を覚えやすくなると思います。

 休み時間にYouTube動画ばかり見ているクラスの男子に、女子があきれているところをイメージするといいでしょう!

スマホでYouTube動画を見ている男子

※下のYouTubeにアップした動画でも、「単子葉類を覚えるゴロ合わせ」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

(3)合弁花類の覚え方

代表的な合弁花類に、次のようなものがあります。

 ①アサガオ

 ②ツツジ

 ③タンポポ

 ④ヒマワリ

 これらの合弁花類の名前を覚えるためのゴロ合わせは、

ごめん、朝つついた短気なヒマ人

ご→合弁花類

・朝(アサ)→アサガオ

・つつ→ツツジ

・短(タン)→タンポポ

・ヒマ→ヒマワリ

 タンポポとヒマワリは、花びらがいっぱい集まっているように見えるので、離弁花類と思っている中学生が多いと思います。

 しかし両方とも、花びらのように見えるものが1つの花なのです。

 よって、タンポポやヒマワリはたくさんの花の集まりなのです。

 そして、その1つ1つの花を見ると、花びらがくっついるのがよくわかります。

 タンポポとヒマワリは、合弁花類です。

 離弁花類と勘違いしていた人は、きちんと覚えておいて下さいね!

タンポポとヒマワリは合弁花類

※下のYouTubeにアップした動画でも、「合弁花類を覚えるゴロ合わせ」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

(4)離弁花類の覚え方

代表的な離弁花類に、次のようなものがあります。

 ①アブラナ

 ②サクラ

 ③エンドウ

 これらの離弁花類の名前を覚えるためのゴロ合わせは、

リベンジ、あぶないサエちゃん!

リベ→離弁花類

・あぶ→アブラナ

・サ→サクラ

・エ→エンドウ

 リベンジされそうになって、危険な状況におちいっているサエちゃんという女の子をイメージするとよいでしょう!

リベンジを不安がっているサエちゃん

※下のYouTubeにアップした動画でも、「離弁花類を覚えるゴロ合わせ」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

記事のまとめ

 以上、中1理科で学習する「種子植物の分類」について、その覚え方を詳しく紹介してきました。

 いかがだったでしょうか?
 
 
◎今回の記事のポイントをまとめると…
 
双子葉類と単子葉類の覚え方
そうじで主婦はもう大変!だんながヒゲの散髪へ
  
種子植物の分類の覚え方
(1)裸子植物の覚え方→「粗末なイスらしい
 
(2)単子葉類の覚え方→「男子はいつもユーチューブ
 
(3)合弁花類の覚え方→「ごめん、朝つついた短気なヒマ人
 
(4)離弁花類の覚え方→「リベンジ、あぶないサエちゃん
 
 

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒、よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします!

先生と元気いっぱいの子どもたち

中1理科 生物の関連記事

「顕微鏡・双眼実体顕微鏡・ルーペの使い方」

「植物の体のつくりとはたらき」5つのポイント

「種子植物の分類」 ゴロ合わせによる覚え方、教えます!

「種子をつくらない植物の分類」 シダ植物とコケ植物

コメント

  1. ラリー より:

    離れろ!危ない遠藤サクラ
    離弁花 、 アブラナ、 エンドウ 、サクラ