中1理科「顕微鏡・双眼実体顕微鏡・ルーペの使い方」

顕微鏡を使っているかわいい猫のイラスト

 中学1年の理科で最初に学習する「身近な生物の観察

 観察器具である「顕微鏡」「双眼実体顕微鏡」「ルーペ」の使い方がわからない…。

 そんな中学生も少なくないと思います。

 そこで今回、この3つの観察器具の使い方について、詳しく説明していきたいと思います。

 顕微鏡の使い方

 ②双眼実体顕微鏡の使い方

 ルーペの使い方

 ④観察器具の倍率

 

 この記事は、たけのこ塾が中学生に向けて、TwitterやInstagramに投稿した内容をもとに作成しています。

 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。

先生と元気いっぱいの子どもたち

①顕微鏡の使い方

(1)顕微鏡の各部分の名前 

 顕微鏡の各部分の名前を覚えていますか?

 自信がない人は、下の写真にまとめていますので、顕微鏡の各部分の名前をしっかり確認しましょう。

顕微鏡の各部分の名前をまとめた図

接眼レンズは、目に接する側に取り付けられるレンズです。

対物レンズは、観察する物体側に取り付けられるレンズです。

レボルバーで、対物レンズの種類を変えることができます。

調節ねじは、ピントを調節するために使われます。

反射鏡しぼりは、光の量(明るさ)を調整するために使われます。

楽しそうに勉強して手を挙げている男の子と女の子

(2)顕微鏡を使う手順

 顕微鏡を使う手順は、テストでよく問われる内容ですので、しっかり覚えておきましょう。

 下の写真に、ゴロ合わせとともにまとめています。

顕微鏡の手順のまとめとゴロ合わせ 

 <顕微鏡の手順>

場所

水平直射日光の当たらない明るい所に置く

 ↓

レンズの取り付け

・先に接眼レンズを取り付けて、対物レンズを取り付ける

(※鏡筒にほこりやゴミが入るのを防ぐため!)

 ↓

明るさの調節

・視野全体が明るくなるよう、反射鏡・しぼりを調節する

 ↓

プレパラートステージの上にのせて、クリップでとめる

 ↓

から見ながら、対物レンズプレパラートをできるだけ近づける

 ↓

ピント合わせ

調節ねじを逆に回し、ピントを合わせる

楽しそうに勉強する子どもたち

(3)顕微鏡 視野と倍率

 顕微鏡の視野や倍率についての問題も、テストでよく出題されます。

 代表的な問題をまとめたのが、以下に載せている写真です。
顕微鏡の視野に関する問題と解答の画像

 顕微鏡は、倍率を高くするほど視野が、

 せまくなる

 ②暗くなる

 倍率を高めると、対象物を観察している面積が小さくなります。

 したがって、レンズに入ってくる光の量も少なくなってしまいます。

 よって、視野がせまくなり、暗くなるのです。

 また、顕微鏡を通して見える像は、上下・左右が逆になっています。

 ですので、見えている像を動かしたい場合、プレパラートは動かしたい方向と逆方向に動かす必要があります。

 もし、見えている像を左上に動かしたい場合、どうしたらよいでしょう?

 そう、プレパラートを右下に動かせばいいですよね。

顕微鏡の倍率を求める問題・プレパラートをつくるときの注意点についての問題と解答

 顕微鏡の倍率の求め方は、次の通りです。

[接眼レンズの倍率]×[対物レンズの倍率]

 15倍の接眼レンズと、10倍の対物レンズを使った場合、顕微鏡の倍率は何倍になるでしょうか?

 15(倍)×10(倍)=150(倍)

 よって、顕微鏡の倍率は、150倍になりますね。

 また、プレパラートをつくるときに注意が必要なこと。

 それは、空気の泡が入らないように気を付けることです。

 ですので、ピンセットでカバーガラスを静かに下ろさなければなりません。

 顕微鏡の使い方について、押さえておくべきポイントは以上です。

 理科を勉強する中学生のみなさん、しっかり覚えておきましょう!

顕微鏡で観察している男の子のイラスト


②双眼実体顕微鏡の使い方

 双眼実体顕微鏡は、観察したいものをプレパラートにすることなく、観察することができます。

 また、両目で観察することができるので、立体的に観察することができます。

(1)双眼実体顕微鏡の各部分の名前 

 双眼実体顕微鏡の各部分の名前を覚えていますか?

 自信がない人は、下の写真にまとめていますので、各部分の名前をしっかり確認しましょう。

双眼実体顕微鏡の各部分の名前と特徴についての問題と解答

粗動ねじは、大まかにピントを合わせるために使われます。

調節ねじは、右目だけでのぞきながら、細かくピントを合わせるのに使われます。

視度調節リングは、左右の視度の差をなくすために使われます。

ステージには、白い面と黒い面があるので、観察しやすい方を選びます。

(2)双眼実体顕微鏡を使う手順

 双眼実体顕微鏡を使う手順を覚えていない中学生は、少なくありません。

 下の写真に、ゴロ合わせとともにまとめています。

 顕微鏡とともに、双眼実体顕微鏡の手順もしっかり覚えておきましょう!

双眼実体顕微鏡の手順とゴロ合わせ

<双眼実体顕微鏡の手順>

①両目でのぞき、鏡筒を動かして両目の幅に合わせ、左右の視野が1つに見えるように調節する。

 ↓

粗動ねじをゆるめて、両目でのぞきながら鏡筒を上下させて、およそのピントを合わせる。

 ↓

③右目だけでのぞき、調節ねじでピントを合わせる。

 ↓

④左目だけでのぞき、視度調節リングを回してピントを合わせる。

◎双眼実体顕微鏡の手順のゴロ合わせは、

今日も、その調子!

キョウ→鏡筒

・ソ→粗銅ねじ

・チョウ→調節ねじ

・シ→視度調節リング

※下のYouTubeにアップした動画でも、「双眼実体顕微鏡の手順のゴロ合わせ」について詳しく説明しております。

 双眼実体顕微鏡の使い方について、押さえておくべきポイントは以上です。

 理科を勉強する中学生のみなさん、しっかり覚えておきましょう!


③ルーペの使い方

 ルーペの使い方を、しっかり覚えていますか?

 下の写真にルーペの使い方をまとめていますので、 自信がない人は確認しておきましょう! ルーペの使い方についての問題と解答

<ルーペの使い方>

①観察したいものが動かせるとき

ルーペを目に近づけて持つ

観察したいものを前後に動かしてピントを合わせる

②観察したいものが動かせないとき

ルーペを目に近づけて持つ

自分が前後に動いてピントを合わせる

ルーペで花びらを観察しているイラスト


④観察器具の倍率

 最後に、それぞれの観察器具の倍率について見ていきます。

 下の写真に、それぞれの器具の倍率をまとめていますので、確認しておきましょう!

顕微鏡、双眼実体顕微鏡、ルーペの倍率のまとめ

<各器具の倍率>

顕微鏡

・倍率は40~600倍程度

・はじめは、低倍率で観察する

双眼実体顕微鏡

・倍率は20~40倍程度

ルーペ

・倍率は5~10倍程度

顕微鏡のイラスト


記事のまとめ

 以上、中1理科で学習する「顕微鏡」「双眼実体顕微鏡」「ルーペ」について、詳しく説明してきました。

 いかがだったでしょうか?
 
◎今回の記事のポイントをまとめると…
 
顕微鏡の使い方
顕微鏡の各部分の名前
顕微鏡の使い方の手順
顕微鏡の視野と倍率
  
双眼実体顕微鏡の使い方

双眼実体顕微鏡の各部分の名前
双眼実体顕微鏡の使い方の手順
 
ルーペの使い方 
観察物が動かせる場合と動かせない場合 
 
観察器具の倍率
顕微鏡、双眼実体顕微鏡、ルーペの倍率について
 

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします!

先生と元気いっぱいの子どもたち

中1理科 生物の関連記事

「顕微鏡・双眼実体顕微鏡・ルーペの使い方」

「植物の体のつくりとはたらき」5つのポイント

「種子植物の分類」 ゴロ合わせによる覚え方、教えます!

「種子をつくらない植物の分類」 シダ植物とコケ植物