中1英語「一般動詞」”do”を使って疑問文をつくろう!

 アルファベットと小人のイラスト

 この記事では、中1英語の「一般動詞の文の疑問文」を理解するために必要なポイントを、詳しく説明していきたいと思います。

・今回お伝えするポイントは、以下の通りです。

一般動詞の文 疑問文のつくり方

一般動詞の文 疑問文の答え方

一般動詞の文 否定文の練習問題

 以前の記事「中1英語『一般動詞』苦手なあなたも必ず理解できる!」で、英語を基本から詳しく説明しています。

 また前回の記事「中1英語『一般動詞』否定文は”do”と”not”で表す!」で、一般動詞の文の否定文について詳しく説明しています。

 これらの記事も、ぜひご覧下さい!

先生と元気いっぱいの子どもたち

①一般動詞の文 疑問文のつくり方

 まず、一般動詞の文の復習をやっておきましょう。

 次の文を英文になおしてみましょう!

 あなたは野球をする。

 「あなたは」は“you”、「野球」は“baseball”、「(スポーツを)する」は“play”でした。

 さらに、英語の文の基本は「主語+動詞でした。

 よって答えは、

 You play baseball.

 となります。

 では、この疑問になおしてみましょう。

 疑問文とは「~ですか?」という文のことです。

 上の例文を疑問文にすると、

 あなたは野球をしますか?

 という文になります。

・一般動詞の文を疑問文にする場合、注意するポイントが3つあります。

“do”を主語の前におく

②文の最後に“?(クエスチョンマーク)”をつける

③文末は上げ調子で読む

 以上のポイントに注意して、上の疑問文を英文になおすと、

 Do you play baseball

 となります。

 “do”は否定文をつくるときのも使われましたが、一般動詞の文の疑問文をつくるときにも使われます。 

 一般動詞の文の否定文・疑問文は、“do”を使って表すことをしっかり覚えておきましょう!
楽しそうに勉強する子どもたち


②一般動詞の文 疑問文の答え方

 では次に、一般動詞の疑問文への答え方を見ていきましょう!

・一般動詞の文を疑問文へ答えるとき、注意するポイントが2つあります。

“you(あなた)”で聞かれているので、“I(私は)”で答える

②答える文も、“do”を使う

 以上のポイントに注意して、先ほどの一般動詞の疑問文に答える文をつくってみましょう。

 Do you play baseball ?

 (あなたは野球をしますか?)

 まず、「はい、します。」と答える文を考えてみます。

 「はい」は“yes”、主語は“I(私は)”、答える文も“do”を使うので、

 Yes, I do.

 (はい、します。)

 と表します。

 yesの後に、“,(カンマ)”をつけるのを忘れないようにしましょう。

 次に、「いいえ、しません。」と答える文を考えてみます。

 「いいえ」は“no、主語は“I(私は)”、答える文も“do”を使い、さらに否定文なので“not”も使って

 No, I do not.

 (いいえ、しません。)

 と表します。

 “no”の後に、“,(カンマ)”をつけるのを忘れないようにしましょう。

 さらに、“do not”の短縮形“don’t”を使って表すと、

 No, I don’t.

 と表すこともできます。

 下の画像に、中1英語「一般動詞の疑問文とその答え方」についてまとめています。

 ぜひ、参考にして下さい。

一般動詞の疑問文のまとめ


③一般動詞の文 疑問文の練習問題

 一般動詞の文の疑問文・答える文のつくり方は、よく理解できたと思います。

 それでは、下の画像の練習問題にチャレンジしてみましょう!

一般動詞の疑問文の練習問題①

 解答は、下の画像の通りになります。

一般動詞の疑問文の練習問題①の解答

 もう1問用意していますので、こちらもチャレンジしてみましょう!

一般動詞の疑問文の練習問題②

 解答は、下の画像の通りになります。

一般動詞の疑問文の練習問題②の解答

 一般動詞の文を疑問文にする場合、さらにその疑問文に答える場合、“do”を使うということを理解できましたか?

 中1英語の中で、必ず身に付けておくべき項目ですのでしっかり頑張りましょう!

勉強を頑張る子どもたちに囲まれた先生のイラスト


記事のまとめ

 以上、中1英語で学習する「一般動詞の文の疑問文」について詳しく見てきました。

 いかがだったでしょうか?

◎最後にもう1度、記事の中でのポイントをまとめてておくと…

・一般動詞の疑問文は、主語の前に”do “をおく

・疑問文の最後には、“?(クエスチョンマーク)”をつける

・疑問文の文末は、上げ調子で読む

“you(あなたは)”で聞かれているので、“I(私は)”で答える

・疑問文に答える文にも、“do”を使う

 

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 次回は中1英語『be動詞』一般動詞と何がちがうの?をアップしますので、コチラもぜひご覧下さい。

 今後もたけのこ塾を、何卒よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします!

先生と元気いっぱいの子どもたち

中1英語「一般動詞」の関連記事

「一般動詞」苦手なあなたも必ず理解できる!

「一般動詞」否定文は”do”と”not”で表す!

「一般動詞」”do”を使って疑問文をつくろう!