中3数学「因数分解」必ず解ける!5つのポイント

記事のまとめ

 以上、中3数学で学習する「因数分解について詳しく説明してきました。
 いかがだったでしょうか?
 
 まず因数分解とは、
 たし算の式をすべてかけ算の式になおすことでした。
 
 また、「因数分解」と「展開」逆の関係にあります。
 
 
 さらに同じ数や文字がかけてあるたし算は、共通因数をとり出し因数分解できます。
 

 つづいて、4つの乗法公式を使った因数分解についてまとめてみましょう。

 ① □2−△2=(□+△)(□−△)

 ② □2+2□△+△2= (□+△)2

 ③ □2-2□△+△2= (□-△)2

 ④ (x+□)(x+△)= x2+(□+△)x+□△

 

 特に④の乗法公式を使う因数分解のパターンは、後に学習する「二次方程式」を解くために必要になってきます。

 くり返し練習して、しっかり身に付けておきましょう!

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒、よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします。

先生と元気いっぱいの子どもたち

「展開・因数分解」の関連記事

「式の展開」乗法公式を使う展開の4つのポイント

「因数分解」必ず解ける!5つのポイント

「因数分解」応用問題 2つのパターンを身につけよう!