中1社会・歴史「飛鳥時代のまとめ」 聖徳太子と大化の改新

飛鳥時代の建築物のイラスト

 中学1年の社会の歴史分野で学習する「飛鳥時代

 この時代では、以下の3つの内容が重要です。

 聖徳太子の政治

 ②大化の改新とその進展

 飛鳥時代の年号の覚え方

 

 この記事は、たけのこ塾が中学生に向けて、TwitterやInstagramに投稿した内容をもとに作成しています。

 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。

先生と元気いっぱいの子どもたち

①聖徳太子の政治

 聖徳政治の行った政治について、覚えておいたほうがよい語句がいくつかあります。

 それらについてまとめた問題が、下の写真です。

聖徳太子の政治についての問題の画像

 問題の解答は、下の写真の通りです。

聖徳太子の政治についての問題の解答画像

 聖徳太子は、女性である推古天皇「摂政」になり、天皇を中心とする政治のしくみを整えました。

「摂政」とは、天皇が女性や子ども立った場合、天皇に代わり政治を行う役職です。

◎聖徳太子が行った政治は、以下の4つです。

①、家柄にとらわれず、才能や功績のある人物を役人にとりたてるため、冠位十二階の制度を行いました。

②、天皇につかえる役人の心構えを示す十七条の憲法を制定しました。

③、の制度や文化をとりいれるため、小野妹子らを遣隋使として派遣しました。

④、法隆寺を建てるなど、仏教を広めました。

 聖徳太子の行った以上4つの内容は、たいへん重要です。

 暗記が苦手な中学生のため、この4つを覚えるためのゴロ合わせを作成しました。

缶けり、ケンケン、ぶつかった!

缶(カン)→冠位十二階の制度

・ケン→十七条の憲法

・ケン→遣隋使の派遣

・ぶつ→仏教を広める

缶蹴りする子どものイラスト

 缶けりしている子どもと、ケンケンしている子どもがぶつかっているところを、イメージして覚えて下さいね。

※下のYouTubeにアップした動画でも、「聖徳太子の政治の覚え方」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

②大化の改新とその進展

 中大兄皇子中臣鎌足が行った大化の改新で、覚えておかなければならない語句がいくつかあります。

 それらについてまとめた問題が、下の写真です。

大化の改新についての問題の画像①

 問題の解答は、下の写真の通りです。

大化の改新の問題の解答画像①

 中大兄皇子中臣鎌足が、蘇我蝦夷・入鹿の親子をたおしてはじめた政治改革を、「大化の改新」といいます。

 大化の改新後、土地と人民を国のものとする公地・公民の制度がすすめられました。

 また、日本ではじめて「大化」という年号が使われました。 

 このころ朝鮮半島では、新羅百済・高句麗をほろぼしていました。

 日本は百済を助けるため軍を送りましたが、白村江の戦いに敗れました。

 その後、新羅が朝鮮半島を統一しました。

楽しそうに勉強する子どもたち

 大化の改新の進展についても、覚えておいたほうがよい語句があります。

 それらについてまとめた問題が、下の写真です。

大化の改新についての問題の画像②

 問題の解答は、下の写真の通りです。

大化の改新についての問題の解答画像②

 中大兄皇子は即位して天智天皇になり、はじめて全国の戸籍をつくりました。

 「戸籍」とは、家族ごとに氏名・性別・年齢が書かれた名簿のようなものです。

 天智天皇の死後、皇位をめぐり起こった争いを壬申の乱といいます。

 壬申の乱は、天智天皇の子どもである大友皇子と、天智天皇の弟である大海人皇子(後の天武天皇)の争いでした。

 壬申の乱の結果、大友皇子に勝利した天武天皇が即位しました。

 このように、天武天皇は自ら武力を用いて天皇の位についたので、天皇の力は強大になりました。

 そして、天武天皇とその後に即位した持統天皇のころ、大王(おおきみ)天皇と称するようになりました。

 また、国号として日本が使われるようになりました。

 大化の改新後、天皇を中心とした律令国家への歩みがはじまります。

 聖徳太子の政治から律令国家の成立までの流れを、しっかり押さえておきましょう!

 聖徳太子・天智天皇・天武天皇を経て、豪族たちが力を持っていた時代から、天皇を中心とした国へと移り変わっていったことを頭に留めておきましょう!

飛鳥時代の人物のイラスト


③飛鳥時代の年号の覚え方

 最後に、飛鳥時代の年号を覚えるためのゴロ合わせを紹介します。

607年 → 群れなす、遣隋使の派遣

645年 → 無事故でいこう!大化の改新

・663年 → ムダで無残だ、白村江の戦い

672年 → ロクな事件じゃない、壬申の乱

※下のYouTubeにアップした動画でも、「飛鳥時代の年号の覚え方」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

記事のまとめ

 以上、中1社会・歴史「飛鳥時代」について、詳しく説明してきました。

 いかがだったでしょうか?
 
 
・今回の記事のポイントをまとめると…
 
聖徳太子の政治
(1)冠位十二階の制度
(2)十七条の憲法
(3)遣隋使の派遣
(4)仏教を広めた
 
※ゴロ合わせ→「缶けり、ケンケン、ぶつかった!
 
大化の改新とその進展
大化の改新… 中大兄皇子中臣鎌足がはじめた政治改革 
公地・公民土地と人民をすべて国のものにする制度
中大兄皇子が即位して、天智天皇になる
天智天皇の後、天武天皇・持統天皇律令国家への歩みがはじまる
 
飛鳥時代の年号
・607年 遣隋使の派遣
・645年 大化の改新
・663年 白村江の戦い
・672年 壬申の乱
 

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 これからも、中学生のみなさんに役立つ記事をアップしていきますので、何卒よろしくお願いします。

 ご意見・ご感想、質問などございましたら、下のコメント欄にてお願いします!

先生と元気いっぱいの子どもたち

中1社会 歴史の関連記事

「世界の古代文明」4つのポイント

「旧石器・縄文・弥生時代」5つのポイント

「古墳時代」を10分で覚える!

「飛鳥時代のまとめ」聖徳太子と大化の改新

「奈良時代のまとめ」4つのポイントを教えます!