中1社会・地理「5つの気候帯」 覚え方とまとめ

 中学1年の社会の地理分野で学習する「5つの気候帯

 今回は、5つの気候帯に関する以下の内容について、説明しています。

 5つの気候帯の覚え方

 ②寒帯と冷帯の特徴

 温帯の特徴

 ④乾燥帯の特徴

 ⑤熱帯の特徴 

 この記事は、たけのこ塾が中学生に向けて、TwitterやInstagramに投稿した内容をもとに作成しています。

 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。

①5つの気候帯の覚え方

 まず、5つの気候帯の種類について大まかに押さえておきましょう。

「熱帯」は、1年を通して気温が高く雨が多い気候帯で、赤道を中心に広がっています。

「乾燥帯」は、1年を通して降水量が少ないため、森林がほとんど育たない気候帯です。

「温帯」は、四季の変化がある気候帯で、季節風や偏西風の影響を受けます。

「冷帯」は、夏が短く冬の寒さが長く厳しい気候帯で、タイガとよばれる針葉樹林が広がっています。

「寒帯」は、1年を通して気温が非常に低い気候帯で、南極や北極周辺に広がっています。

勉強を頑張る子どもたちのイラスト

 「5つの気候帯をすべて覚えるなんて、できない!!」

 そんな地理が苦手な中学生のために、5つの気候帯を覚える語呂合わせを作成しました。

おねえのカレー缶

 “お”は温帯、”ね”は熱帯、”カ”は寒帯、”レー”は冷帯、”缶”は乾燥帯を、それぞれ意味しています。

 おねえ系の芸能人が、カレー缶を持っているところをイメージして覚えて下さいね。

※YouTubeに「5つの気候帯の覚えるゴロ合わせ」についての動画をアップしていますので、↓のリンクからご覧下さい!

【動画】中学社会ゴロ合わせ「5つの気候帯の覚え方」

カレー缶のイラスト


②寒帯と冷帯の特徴

 寒帯と冷帯の特徴で、覚えておかなければならないことがいくつかあります。

 それらについて、↓にまとめてみました!

「イヌイット」とは、寒帯である北極海に面したカナダ北部に暮らしており、あざらしを獲って生活している人々です。

「タイガ」とは、ロシアやカナダなど冷帯の地域に広がる、夏に樹木が育ってできた針葉樹林のことです。

 ちなみに針葉樹林とは、マツやスギのように葉が針のように細長い樹木のことです。 

「永久凍土」とは、タイガの下にある、1年中凍ったままの土のことです。

 近年、温暖化により夏にとけ出して、建物がゆがむなどの問題が生じています。

 寒帯・冷帯の特徴の中で、「タイガ」は中学生の地理のテストによく出題されます。

 しっかり覚えておきましょう!

寒帯である北極周辺のイラスト


③温帯の特徴

 温帯の特徴でも、覚えておかなければならないことがいくつかあります。

 それらについて、↓にまとめてみました!

<温帯の3つの気候>

温帯(温暖)湿潤気候

 季節風の影響が大きく、四季の変化が大きい気候です。

 日本をふくむ東アジアアメリカ東部などに広く見られます。

地中海性気候

 夏は暑くて乾燥し、冬は温暖で降水量がやや多い気候です。

 地中海周辺に広く見られます。

西岸海洋性気候

 高緯度にもかかわらず、年間を通して比較的温暖な気候です。

 西ヨーロッパで広く見られます。

 温帯の中で、地中海性気候夏に乾燥し、冬に雨が降るという特徴は、中学生の地理のテストでよく出題されます。

 しっかり覚えておきましょう!


④乾燥帯の特徴

 乾燥帯の特徴でも、覚えておかなければならないことがいくつかあります。

 それらについて、↓にまとめてみました!

「サハラ砂漠」とは、乾燥帯のアフリカ北部に広がる、世界最大の砂漠です。

「サヘル」とは、サハラ砂漠の南に広がる、わずかに木や草の生えた地域のことです。

 ちなみに、サヘルとは「サハラのふち」という意味です。

「焼畑農業」とは、サヘル地域に住む人々が行っている農業で、木や草原を焼き払ってできた灰を肥料にします。

 土地の栄養分がなくなってしまうと、別の場所へ移動します。

「遊牧」とは、草や水を求めて、家畜とともに一定の地域を移動する牧畜のことです。

 砂漠が広がる乾燥地域では、羊やヤギ、ラクダなどを家畜としています。

「オアシス」とは、砂漠の中で地下水がわき出る場所です。

 オアシスでは、砂漠の中でも樹木が育ちます。

「砂漠化」とは、人口増加による耕作や放牧のため、草も育たない土地になることです。

砂漠とラクダのイラスト

 焼畑農業や遊牧などの農業について、中学生の地理のテストによく出題されます。

 しっかり覚えておきましょう!


⑤熱帯の特徴

 熱帯の特徴でも、覚えておかなければならないことがいくつかあります。

 それらについて、↓にまとめてみました!

「熱帯雨林」とは、雨が多く1年を通して気温が高いため、熱帯で見られるうっそうとした森林のことです。

「さんごしょう」とは、気温が高い地域の海で見られる、岩しょうのことです。

 さんごしょうは、観光資源にもなっています。

「マングローブ」とは、気温が高い地域の、河口の海岸で見られる広葉樹のことです。

気が生い茂っているジャングルのイラスト

 上記の語句はどれも、中学生の地理のテストによく出題されます。

 しっかり覚えておきましょう!

コメント

  1. アイウエオ より:

    気候区の覚え方も教えてくれると嬉しいです

    • takenoko20160901 より:

      コメントありがとうございます!すぐには難しいですが、時間があるときに気候区の覚え方も考えたいと思います。

  2. みわ より:

    宿題の参考になって、ありがたいです!