中1英語「be動詞」否定文を3つのポイントで理解する!

英語のアルファベットと子どもたちが並んでいるイラスト

 前回の記事be動詞 基本文の練習問題にチャレンジ!で、中1英語で学習するbe動詞の基本文をつくる練習をしました。

 今回は「一般動詞の否定文」をおさらいしたうえで、中1英語で学習する「be動詞の否定文のつくり方」について説明していきたいと思います。

・今回お伝えするポイントは、以下の通りです。

be動詞の否定文のつくり方

be動詞の否定文 短縮形について

be動詞の否定文 練習問題

 

 be動詞の否定文のつくり方や、am・are・is”の否定文の短縮形について、詳しく説明しています。

 be動詞の否定文を理解したい中学生は、この記事を最後までぜひご覧下さい。

先生と元気いっぱいの子どもたち

①be動詞の否定文のつくり方

 be動詞の否定文を説明していく前に、中1英語で学習する「一般動詞の否定文」をおさらいしておきましょう。

 以前の記事中1英語 一般動詞の否定文は”do”と”not”で表す!も、ぜひご覧下さい。

(ⅰ)一般動詞の否定文のおさらい

 次の一般動詞の文を、否定文になおしてみましょう。

・あなたは野球をします。

→ You play baseball.

 これを否定文にするには、主語と動詞の間に”don’t (do not)“を付け加えます。

 そして次のようになります。

・あなたは野球をしません。

→ You don’t play baseball.

机に向かって、勉強に取り組む男の子

(ⅱ)be動詞の否定文をつくろう!

  では次に、be動詞を否定文になおす方法を見ていきましょう。

・あなたは幸せです。

→You are happy.

 be動詞の文を否定文になおすには、be動詞の後に”not”を付け加えます

 よって、上の例文を否定文にすると、

・あなたは幸せではありません。

→You are not happy. 

机に向かって、勉強に取り組んでいる女の子

(ⅲ)否定文のつくりかた まとめ

 では、否定文のつくり方をまとめてみましょう!

一般動詞の文の場合

主語と動詞の間に、”don’t (do not)“を付け加える

be動詞の文の場合

be動詞の後に、”not“を付け加える

楽しそうに勉強する子どもたち


②be動詞の否定文 短縮形について

 be動詞の否定文は、短縮形で表すことが多いです。

 ここでは、be動詞の”am”・”are”・”is”のそれぞれの場合、否定文にするときの短縮形を見ていきましょう!

(ⅰ)”am”を否定文に使ったときの短縮形

 “am”を否定文に使ったとき、短縮形は次のようになります。

I am not ~

 → I’m not ~

 このように、I am“を1語に短縮した、”I’m“にして表します。

 ちなみに“am not”の部分を短縮する形はないので、注意しましょう!

 それでは例文で確認しておきましょう。

I am not happy.

    ↓

I’m not happy.

楽しそうに勉強している男の子のイラスト

(ⅱ)”are”を否定文に使ったときの短縮形

 ”are”を否定文に使ったとき、短縮形は次のようになります。

・You are not

 → You aren’t

 このように、are not“を1語に短縮した、”aren’t“にして表します。

 また、次にように、You are“を1語に短縮した”You’re“にして表すこともできます。

You are not ~

 → You’re not ~

 それでは例文で確認しておきましょう。

・You are not happy.

    ↓

・You aren’t happy.

 もしくは、“You are”を”You’re“に短縮して、

You are not happy.

    ↓

You’re not happy.

頑張って楽しそうに勉強している女の子

(ⅲ)”is”を否定文に使ったときの短縮形

 ”is”を否定文に使ったとき、短縮形は次のようになります。

・He is not ~

 → He isn’t ~

 このように、is not“を1語に短縮した、”isn’t“にして表します。

 また、次にように、He is“を1語に短縮した”He’s“にして表すこともできます。

He is not ~

 → He’s not ~

 それでは例文で確認しておきましょう。

・He is not happy.

    ↓

・He isn’t happy.

 もしくは、“He is”を”He’s“に短縮して、

He is not happy.

    ↓

He’s not happy.

勉強を頑張る子どもたちに囲まれた先生のイラスト


③be動詞の否定文 練習問題

 最後に、be動詞の否定文の練習問題にチャレンジしていきましょう!

 下の画像に問題が載っていますので、さっそく解いていきましょう。

be動詞の否定文の練習問題が載った画像

 解答は、次の通りです。

be動詞の否定文の練習問題の解答が載った画像

 be動詞の後に”not”をつけて、否定文にすることができましたか?

 次に、下の日本語の文を英語の文になおしてみましょう!

 ①私はケンではありません。

 ②あなたはいそがしくありません。

 ③彼女はユキではありません。

 では➀の文を英語の文になおしてみましょう。

 いきなり英文になおすのは難しいですよね。

 そこで、次の手順で日本語の文を英語の文になおしてみましょう!

(1) 「私はケンではありません。」をもとの文に戻します。

私はケンです 

   

(2) 次に「私はケンです。」を英文になおします。

I am Ken.

   

(3) 最後に、(2)の英文を否定文になおします。

→ I am(I’m) not Ken.

楽しそうに勉強して手を挙げている男の子と女の子

 同じように、②も英文になおしてみましょう!

②「あなたはいそがしくありません。」の場合だと、

(1) 「あなたはいそがしくありません。」をもとの文に戻します。

あなたはいそがしいです 

   

(2) 次に「あなたはいそがしいです。」を英文になおします。

 You are busy.

   

(3) 最後に、(2)の英文を否定文になおします。

→ You are not(aren’t) busy.

授業中に手を挙げている男の子と女の子のイラスト

 同じように、➂も英文になおしてみましょう!

 ➂「彼女はユキではありません。」の場合だと、

(1) 「彼女はユキではありません。」をもとの文に戻します。

彼女はユキです 

   

(2) 次に「彼女はユキです。」を英文になおします。

She is Yuki.

   

(3) 最後に、(2)の英文を否定文になおします。

→ She is not(isn’t) Yuki.

 日本語の文を英語に否定文になおす手順を、理解することができましたか?

 日本語の文をもとに、英語の否定文にスラスラと簡単になおせるようになるまで、何回も繰り返して練習しましょう!

 中1英語の中で、必ず身に付けておくべき項目です。

 しっかり頑張りましょう!

※下のYouTubeにアップした動画でも、「中1英語 be動詞の否定文」について詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい!
 

記事のまとめ

 以上、中1英語で学習する「be動詞の否定文」について詳しく解説してきました。

 いかがだったでしょうか?

・最後にもう1度、記事の中でのポイントをまとめてておくと…

一般動詞の否定文は、主語と動詞の間に”don’t(do not)“を付け加える

be動詞の否定文は、be動詞の後に”not“を付け加える

③be動詞の否定文の短縮形は次の通り

 ・I am not ~

  → I’m not ~

 ・you are ~

  → you aren’t ~

  (you’re not ~)

 ・he is ~

  → he isn’t

  (he’s not ~)

 今回も最後まで、たけのこ塾のブログ記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 次回以降も、be動詞について詳しい内容の記事をアップしていきます。

 今後もたけのこ塾を、何卒よろしくお願いします。

先生と元気いっぱいの子どもたち